Windows 7 サポート期間が短縮された件

Home Premium は XP の 9ヶ月後にサポート終了!

 Windows 7 発売間近にして、一部のエディションが延長サポート対象から外されました。

 もともと全エディションが延長サポート対象で、2020年01月14日までサポートされるはずでしたが、2009年10月になって Home Premium が延長サポート「対象外」にされました。

 その後も、いくつかのエディションが「対象外」となり、2009年10月15日現在、延長サポート対象の Windows 7 は Professional と Enterprise のみで、Home Basic、Home Premium、Starter、Ultimate は「対象外」になっています。やはりそうなったかという気もしますが、ビジネス向けとそれ以外で区分されたわけです。

 延長サポート対象外の Windows 7 はメインストリームサポート終了日が「2015年01月13日」ですから、 Windows XP の延長サポート終了日「2014年04月08」から約 9ヶ月後にはサポートが終了してしまうことになります。

 Professional など延長対象エディションを購入するか、あるいは「 Windows 8 」まで XP で凌ぐというのも手かと思います。なお、過去には発売後でもサポート期間の短縮延長が行われたことがあります。

 サポート期限は実質的にOSの寿命なので、製品検討時に重要な要素となります。特に消費者に不利益となる変更は、もっと大々的に告知してもらいたいものです。

プロダクトサポートライフサイクル改訂の変遷

2009年9月15日頃の記載(microsoft.com より)

2009年10月01日頃の記載(microsoft.com より)

2009年10月15日現在の記載(microsoft.com より)

最新情報(microsoft.com 該当ページへのリンク)

マイクロソフト プロダクト サポート ライフサイクル検索

[広告] Blu-rayで高画質高音質な映画ランキング!